Google Earthで生き別れの家族を探す。 育ての母と産みの母、二人の母の愛情物語LION/ライオン 25年目のただいま

©2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

5歳で養子としてオーストラリアへ

養子として育ったインド人の青年が、Google Earthを使って故郷と産みの母を探しあてる。実話をもとに描かれ、数々の映画賞に輝いた『LION/ライオン 25年目のただいま』は、いかにも現代的な奇跡の物語であるとともに、育ての母と産みの母、二人の母の強い愛情を描いた作品でもあります。

5歳で迷子になったサルーは、オーストラリア人のスーとジョン夫妻の養子となってタスマニアに渡ります。愛情をたっぷり受けて育ち、立派な青年に成長したサルーはある日、何気ない会話からGoogle Earthを使って故郷と生母を探す方法を思いつきます。インターネットのない時代には考えられなかった画期的な捜査方法は、サルーだけでなく観客の心も鷲づかみにします。

生母を探すと告白されたとき

この映画には二つの奇跡があります。一つ目の奇跡がGoogle Earthによる生母との再会だとしたら、二つ目の奇跡は二人の母の愛情だといえるでしょう。養母スーはサルーから生母を探すと告白されたとき、動揺しながらも寛大な心で受け止め、後押しします。一方、生母であるカムラは、突然いなくなった息子の生存を信じ、25年もの間ひたすら帰りを待ち続けました。この二人の揺るぎない愛情があったからこそ、サルーの願いは叶えられたのです。

特に養母スーのキャラクターは印象的です。父親から虐待されて育ったスーは、血の繋がった親子だから必ずしも幸せになれるわけではないことを、身をもって理解していました。そのため血縁による親子関係を望まず、自分で産むこともできたのに、あえてサルーを含めた二人のインド人少年の養親になる道を選んだのです。

血の繋がりがあってもなくても問題は起こるし、幸せな時間も持てる。スーもまた、子ども時代に得ることができなかった温かい家庭を、血の繋がりのない夫と息子によってようやく手に入れることができたのです。そんなスー役を演じたニコール・キッドマンは本作で第89回アカデミー賞助演女優賞を受賞。成長したサルー役は『スラムドッグ・ミリオネア』のデーヴ・パテル(同助演男優賞受賞)が、恋人役は『ドラゴン・タトゥーの女』『キャロル』のルーニー・マーラーが好演しています。

©2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

オーストラリアの養子縁組

インドでは現在、年間8万人もの子供が行方不明になっており、その中には家出人や誘拐されて人身売買される子も多く、深刻な社会問題になっています。サルーのような迷子や、親に捨てられた子もおり、彼らは政府のしかるべき機関によって海外へ養子に出されるケースも少なくありません。その国の一つがこの映画に登場するタスマニア島を有するオーストラリアです。

オーストラリアでは海外から養子を迎える国際養子縁組は珍しくなく、2014年から2015年にかけて海外から子供を迎えた養子縁組のケースは、全体の3割を占めています※。サルーとスー&ジョン夫妻のように外見の特徴がまるで違う養子縁組の親子は日本ではまだまだ少ないものの、今後は確実に増えていくでしょう。

ふたりの母を持った青年と家族の愛を描いた本作ですが、実はインドの風景がたくさん登場することも魅力のひとつです。見知らぬ街に降りたち、なんとか自力で故郷に帰ろうと街をさすらう5歳のサルーを追ったカメラは、活気あふれるインドの街の様子や、普段なかなか見ることのできない市井の人々の暮らしも映し出します。子ども時代のサルーを演じたサニー・パワールが実に愛らしく、少年のロードムービーとしても楽しめる作品です。

※JAMS.TV(www.jams.tv)によるAIHWのデータに基づく

(作品情報)
LION/ライオン 25年目のただいま(2016年/豪)
監督:ガース・デイヴィス
原作:サルー・ブライアリー『25年目の「ただいま」 5歳で迷子になった僕と家族の物語』(静山社刊)
出演:デヴ・パテル/ニコール・キッドマン/ルーニ・マーラー他
公式サイト http://gaga.ne.jp/lion/

text/水谷美紀